Symbolic CitySymbolic City

Symbolic City

Concept Co-Living低収入時代の新たな不動産投資「Co-Living」

icon1

都会で女性の入居者集客力が高く
需要のあるCo-Living物件。
その入居者率と収益性の
高さには理由があります。

icon1a

Co-Living物件の66%が東京

全国2,804件のうち約66%(1,901件)が
東京都内に立地されていることから他都道府県と比べて圧倒的な需要の
高さがあることがわかります。

icon2a

入居者の約70%が女性

非正規雇用者が増加の傾向にある中で、
Co-Living物件入居者の70%が
非正規雇用者層の多い20代前半から
30代前半の女性が占めているといわれています。

icon3a

女性専用だけでなく、
コンセプトをプラスして特化

女性専用だけでなく、女性専用+コンセプトを持つことで物件の価値と需要を高めています。

弊社の女性専用物件とシングルマザー応援(子育て支援)物件で比較した場合、同じ路線、駅から同程度の距離の物件で、物件の需要(アクセス件数)に約2倍も差があります。

コンセプト例:icon0a




icon5

Co-Living物件の収益が高く安定する5の理由

  • ・リビング、キッチンなどの共有部を設けることで、通常の共同住宅より多くの入居者を受け入れる事ができる。
  • ・家具、インテリア、デザイン、そしてコンセプトに付加価値をつけることで高い賃料が見込める
  • ・部屋を分割する事で複数人の入居が可能となり、たとえ一人が退去しても、その一つの部屋分の家賃収入がゼロになるだけで、他の部屋の家賃収入がある為、空室賃料のリスクを最小限に抑えることができる。
  • ・部屋を分割することで複数人の入居が可能となり、一人が退去しても複数の入居者が残るため、賃料ゼロの期間が長期に及ぶリスクを回避できる。
  • ・各部屋単位で考えても、一棟貸し出しに比べ賃料が抑えられているため、次の入居者が見つかりやすく空室期間が短い。
 

return   qa

preshare

ニューウェーブ物件導入に関することなら
何でもご相談頂ける相談会を開催中!

※随時、無料相談受け付けております。
(お客様のご都合により日時応相談)

お電話からもお申込みいただけます。

TEL : 0800-555-0050

申し込み