Symbolic CitySymbolic City

Symbolic City

GARAGE APARTMENT Q&Aよくある質問「ガレージアパートメント」

icon1

皆様からお寄せ頂く
ご質問をお答えしています。

Q.既存のガレージと何が違うの?
A.

趣味や興味のものだけでなく、長くご入居して頂くための”システム”を標準装備するというパッケージに加え、入居後のサービスこそが、私達の考えるガレージのアドバンテージです。

ガレージに置かれる車両は定期的なメンテナンスが行われることで、走行可能な状態が保たれます。 ご自分で修理をなさる方には各種オイルやバッテリーをはじめとしたサプライヤーをご紹介し、即日対応可能なシステムにしていきます。

Q.車離れが進むけど、ガレージの10年後ってどうなの?
A.

車業界にカーシェアリングやレンタル事業が拡大する中、「保険や税金の面を考えると、車を所有するリスクは高い」と若者層からは懸念されがちとアナウンスされています。近い未来は自動運転化システムは向上し、いずれ人の運転を必要としなくなるときが来るかもしれません。

弊社のガレージはそういった社会の変化にも付いていくための【建物としてのポテンシャル】を持っています。それは、今後時代の変化に伴い新たに仕組み・設備を導入する必要が生じたときに最大の効果を発揮することでしょう。

Q.入居率リスクについて勝算はあるの?
A.

昔から賃貸派、持家派などの議論がされますが、車を軸に入居者を求めることは、一定の富裕層に向けたアナウンスと同じ効果を持ちます。様々な入居体系が考えられる時代に、賃貸か持ち家かではなく、入居目的に沿った良いパッケージか?入居者が本当に使いやすいパッケージなのか?メリットとして求める内容を把握し、入居者を選んでいく!という、マッチングを図っていく丁寧な運営を心がけ今までにない不動産の仕組みとして特化していきますので、十分に勝算があります。

Q.潜在的にどのくらいの入居者がいるの?
A.

国内の車両保有台数が、すでに日本の人口と同じ数に到達する現在、1.5割程度とされる輸入車市場で仮に1500万台。 そのうちの0.1%を富裕層と考えましても、東京をはじめ首都圏をドーナツエリアとし150,000人以上の市場と考えています。初期段階において、そのうちのわずか5%をターゲットにしましても、ユーザー数は7,500人。今後のサービスを含め多くの入居者を相手とする大きな市場となります。

 

garage   garage

ニューウェーブ物件導入に関することなら
何でもご相談頂ける相談会を開催中!

※随時、無料相談受け付けております。
(お客様のご都合により日時応相談)

お電話からもお申込みいただけます。

TEL : 0800-555-0050

申し込み